[English / Japanese] [SourceForge.jp]

xdvik 日本語化パッチ整理プロジェクト

本プロジェクトは, 既存の日本語化・機能拡張パッチから, 本家で類似機能が実装されたり, 時代に合わなくなったりして使われなくなった機能などを削除して, パッチの整理を行うプロジェクトです.


目標

短期的目標
長期的目標

ダウンロード

xdvik-22.8x を対象とした暫定的なパッチが利用可能です. 整理のため,従来の日本語化・機能拡張パッチに含まれていた機能拡張部分は削除されています.

実際の開発には,SourceForge.jp の CVS レポジトリを利用しています. したがって,以下の手順で日本語化された xdvi のソース全体を入手できます.

% cvs -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/xdvi login
CVS password:
# パスワードは設定されていません.単に Enter/Return キーを押して下さい.
% cvs -z3 -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/xdvi co xdvik

本家のソースは,xdvik という名前のベンダーブランチに import されていますから, 日本語化にともなう変更部分を知りたい場合は,以下のコマンドを実行してください.

% cvs diff -r xdvik

実は,xdvik 日本語化パッチの配布物は,このコマンドの結果を perl スクリプトで処理して作成されています.

また,ViewCVS でソースを閲覧することもできます. 詳細はプロジェクトページを参照してください.


メーリングリスト

利用者・開発者間の情報交換用メーリングリストが設置されています.

また,旧メーリングリストのアーカイブも利用できます.


リンク集


開発者

開発に参加を希望される場合は,SourceForge.jp にアカウントを作成し,アカウント名を連絡してください.


連絡先

不具合報告などは xdvi-users@lists.sourceforge.jp 宛にお願いします. このメーリングリストは,登録ユーザー以外の人から送信されたメールも受け付けます.


Last Updated at $Date: 2005/01/30 04:17:53 $.